冠婚葬祭でのふくさの使い方

結婚のお祝いやお悔やみ事、子供にかかわる祝い事など日常には様々な冠婚葬祭の行事があります。
そういった冠婚葬祭行事の中には、結婚のお祝いや出産、子供の成長に応じてのお祝い事のように事前に準備できるものや、突然の訃報など急に用意しなくてはいけない場合もあります。
そういった時に必要になってくるものの一つとして、ふくさがあります。
ふくさは、お祝いやお悔やみなど使用するシーンに応じて使う色が異なります。
また、おぼんのような板があるものや、封筒のような形で金封をそのまま入れる事が出来る、簡易タイプのものもあります。
一般的に、結婚などの慶事には朱色や赤などの明るい色、弔事用には灰色や濃紺など、暗めの色を使います。
また紫色のように、慶弔どちらの場合にも使える色もあります。
普段はあまり使うことがないふくさ。
若い人の間では、こういったマナーはあまり知られていないかも知れませんが、送るお相手への気持ちを大切に包むという意味でも、用意しておきたいものですね。