冠婚葬祭の時に持っておきたいふくさ

冠婚葬祭の時にはご祝儀や香典などで相手方にお金を渡しますがその際、ふくさに包んで持参することがマナーとされています。
相手への心遣いの表れであると同時に、ふくさを使用することによって熨斗袋や水引細工が崩れることを防ぐことができ、実用性を重視したものでもあります。
ふくさには赤や朱色、ピンク色など暖色系の慶事用の物と、紺色や緑色などの寒色系の弔事用の物があり、用途によって使い分けられています。
紫色のものは慶事、弔事問わず使用することができるので、一つ持っておくと非常に便利です。
本来は慶事専用のたたみ方、弔事専用のたたみ方などの細かいルールがありますが、近年ではたたむ手間を省いた封筒方のものや、若い人向けに慶事に特化したデザイン性に優れた物も多く販売されており、ファッションの小物感覚で気軽に購入できるようになっています。
社会人になると冠婚葬祭の場に呼ばれる機会も増えてきますので、いざその時にあわてないように前もって購入しておくと便利です。