冠婚葬祭で使用するふくさ

冠婚葬祭、お葬式や結婚式でふくさは使用します。
お葬式に参列するときには、香典をふくさで包み持っています。
色は紺、グレー、紫などがふさわしいと言われています。
結婚式に出席するときには、ご祝儀を包みますが、色は赤や白などの明るい色がふさわしいと言われています。
またどちらでも使用できる色が紫色と言われています。
ふくさは大切なお金を汚さないようにという心遣いからお金を包むために使います。
袋タイプとふろしきなど包むタイプなどがあり、どちらでも使いやすい方で構いませんが、袋タイプはご祝儀袋などの大きさや厚みが収まるサイズを選ぶようにしましょう。
包むタイプは、慶事と弔事で向きが異なりますので、注意しましょう。
結婚してから、苗字や名前を入れたもので紫色のものを用意すると夫婦で、さらに慶事・弔事両方で使用できるので便利でよいです。
いざ使用しようとするときにすぐに見つけられるように、数珠などと一緒に保管しておくとよいでしょう。
大人のマナーとしてきちんと使用したいですね。