冠婚葬祭にかかせないふくさ

ふくさとは、贈り物の金品を包んだり覆うのに使用する方形の布です。
現在では冠婚葬祭時によく使われます。
最も使用頻度があるのが結婚式とお葬式で、ご祝儀や香典を包むという用途に使われます。
現在は現金がほとんどのため、方形の布ではなく、現金を入れた封筒がしまいやすいように財布型に縫製されているタイプのものもよく売られています。
贈り物の金品を持ち歩くのに、なにも包まずに持ち歩くのはマナー違反といわれています。
そのため、ふくさを用いて金品を包むのがマナーです。
結婚式などの慶事用と、お葬式などの弔事用では布の色目と包み方が変わってきます。
まず色目ですが、両方に使えるのは紫、濃い緑などです。
慶事用には、赤系統の色がふさわしいと言われていますが、どのような色でもかまわないという説もあります。
慶事用にあらためて用意する際には、華やかな明るい色を選ぶ人が多いようです。
逆に、弔事用に使えるのは、黒、灰色、紺色などの暗い色がふさわしいと言われています。
慶事には右前、弔事には左前に包むのがマナーです。