冠婚葬祭でのふくさのマナー

冠婚葬祭で金封を送る機会がありますが、そのような時に袱紗(ふくさ)に包んで持参するというのは社会人の正式なマナーとして覚えておきたいことです。
まず色ですが結婚式などの慶事には暖色系の明るい色(赤、オレンジ、ふじ、桃、えんじ、金など)、弔事用には寒色系の落ち着いた色(紺、深緑、灰、緑、灰、グレーなど)、紫色は慶事、弔事のどちらにも使えるため一枚あると重宝します。
次に種類ですが本来は四角形のものですが包みやすいように金封タイプになっているもの、金封を置く台がついているものもあります。
そして包み方のマナー。
慶事の場合はふくさの角を頂点にするように広げ、ご祝儀袋を真ん中よりやや左側に置き左→上→下→右の順で包み余った部分は折り返します。
弔事の場合は香典等の不祝儀袋をやや右側に置き右→下→上→左という順番で包み余った部分を折り返して完成です。
最後に渡し方ですが慶事の場合は受付などで「本日はおめでとうございます」などお祝いの言葉を述べてから、バッグなどから取り出しご祝儀袋取り出し両手で渡します。
その際ご祝儀袋の文字を受付の方が読める向きにして渡します。
弔事の場合は特にそのまま渡すのはふくさを返されるということになり「不幸が重なる」と気にされる人もいるので必ず取り出してお香典を渡すようにしましょう。
「この度はご愁傷様です」とお悔やみの言葉も添えましょう。

2次会ジェンヌ
手間のかかる準備や当日の進行を当社のプロのスタッフが行い、結婚式二次会を参加者全員が楽しめるようなひと時を実現いたします。

KOtoOYAはナチュラルテイストな子供写真を大阪でご提供しています

結婚写真 大阪
旅行も兼ねた前撮り撮影セットで満足度も高い